忍者ブログ
    宇宙での 生活その他を 適当に
18. 17. 16. 15. 14. 13. 12. 11. 10. 9. 8.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恒星日誌 その12

長い事様々な実験を行い散在をしていた訳である。
ECMを使いまくったりミサイルを撃ちまくったり、JMS連絡網のインフラ整備
でリアル散在したり、リアルCorpの仕事で究極でヘトヘトになっていたり、と、だ。

「で、提督、役員のMasa10提督からオマエは真面目に戦艦積み立てをしているのか
 どうなんだ疑わしい場合はスペインに頼んで宗教裁判だこのプロテスタントめ、と連絡が。。」
「そ、そうか、せっかくBPでアイテム作ったり宇宙先物を買って財テクによる会社っぽい
 利益で貯蓄を貯めようとしてる矢先にそういう事になるとはな、まぁいい」

既に今となっては過去形なのだが、この時私は売れるかどうかも不明なデータシート
を@141Iskで17000個購入、更にミサイルのブループリントを買ったりその他衝動
でブループリントを買いつつ、他社員にはJMS翼賛会のために戦艦貯蓄で勝つぞ一億
火の玉だとか訳のわからない事をのたまっていたんで不満爆発なのだろう、スマンとしか。

まぁそんな話も過去形だ、先日Tash-Murkon-Prime、比較的安全で警察と海軍の
監視の目が行き届いている宙域にてバカに鉄砲玉PKされIndustrialShipを爆散させ
られてレアカーゴ4個を吹き飛ばし軽く鬱状態だったが気持ちを切り替えRand星系に
1週間引き篭もり貯蓄計画を設定、BlackBirdと新IndustrialShipを持って行き、誰
も居ないこの人気の全然無い星系にて既に丸2日も採掘を継続している。

すでにスコルダイト、ヴェルドスパー、パイロゼアス、プラジオクレイス、オンバーをまとめて
20万個以上は掘っただろうか、ガンガン掘りつつ、精製した鉱物は事務所のハンガー
に持って行き戦利品を溶かした鉱物と一緒にCapacitorPowerRelayのブループリント
を工場にておもむろに60個生産開始だ、こいつの原価は大体6000Iskと意外に安価
であるにも関わらず、市場での平均価格は30000Iskだ。

「副長、Tash-Murkonでのコイツの市場はどーなっとる」
「どーやらLegion全体で2箇所でしか販売してやせん、価格も3万~3万2千でがす」
「なんだ楽勝じゃないか、ならば1個27500Iskで出品だ、濡れ手に粟とはこの事か」
製造原価36万Isk、販売利益165万Isk、差し引き129万Isk、これで良いのかオイ。
出品したとたんにまず9個の買い注文が入った事で製造原価の7割近くをいきなり消化
出来てウマーだ。

「提督、ゴミみたいな宇宙先物が全部売れましたぜ、あと売り注文を出していた鉱物
 も適正価格で何とかKaalakiotaCorpが厄介者を全部買い取ってくれやした」
「おいドサクサでゴミとか言うな副長、ちょっと電卓を貸せ、どれどれ、BPの代金とその他
 経費がこれで、今日1日の全販売利益をぶつけて残った純利益は、と。おお300万Iskか」

前まで1週間で貯まるお金の限界が300万Iskだったがここ2日で300万Iskを貯め、
JMS金庫に入れた私の資産と合計すると500万Iskを突破、もうこれで戦艦貯蓄を
真面目にやらない駄目社長と呼ばれる事は無いだろう、言うな。

「リアルサラリーマンやってる人間にしては上出来だよな」
「提督、なんの話ですか?」
「いろいろあるんだヨ、まぁ聞き流せ。とりあえず我々は今日から1週間このRand星系で
 掘り続けるぞ、目標は1000万Iskの大台だ」
「リアルより金持ちになってなにをするつもりですかい。。」
「悲しい事をいうな、MMOは常にそうなる運命にあるのだ」

500万Iskを貯めた勢いをそのままにRandにてまた無差別に鉱石を採掘開始。
1個と決めずに無差別に掘るのは私なりの理由がある、ふとブループリントでアイテムを
生産すると儲かる時期だと見た時に数種類の鉱物を所持していればすぐさま生産工程
に入ることが出来るので市場に後れを取ることなく供給が出来るからだ。

宇宙生活も一旦おちつきの時代を迎え、長い習得期間のかかるスキルを勉強しつつ
大金をためる行動に入った。役員のKogaratsu提督は1000万Iskを各自で貯蓄する
事が出来れば道は見えて来るといっていた。まさしくその通りであるな。

「提督、戦艦買えたとしても、戦艦のスキルも必要なんですぜ、400万Iskですぜ」
「ゲホ、400万ってどこの学研百科事典だよ、じゃぁ社員一人頭、最低3000万Isk
 位稼いで置かないと余裕を持って戦艦、って訳には行かないな」

あとはあれだな、社員各自がどの陣営の戦艦に乗りたいと思っていて、JMS最初の戦艦
はどの陣営の戦艦を買うべきなのか、を決めないとな。
社長としてなるべく厳命したいが、最初の戦艦は次の社員が戦艦に乗るまでは採掘船
として使用していきたい。まぁ火力をテストしてみたいという気持ちも解らないでもないが、
SL00に行くならば保険契約をしないとまずい。戦艦の保険は2000万Iskだ。
そうなると戦艦貯蓄計画にさらに2000万Iskを上乗せ計上となって100年たっても戦艦
に乗る事は出来ないって事だ。
まぁあとは戦艦は3隻揃うまでは共有資産扱いなんで、戦艦で掘ったり稼いだ利益全て
はJMSとしての利益扱いにして更なる積み立てを行いたいとは思うな。

「提督、お言葉ですがね、JPNの人達とバッティングを起こしそうなアイテムの生産は極力
 控えた方が良いかもしれやせんぜ、意味の無い価格競争と不穏な空気しか生みやせん」
「かもなー、JMSはMidiumShieldBoosterを主力の商品にでもした方がエエのかいな」
「まぁ妥当でやすな、他にフリゲートとクルーザー乗りを主購買層と見込んで恒常的に利益
 を生みそうな商品ってありやすかね、無論、バッティングしそうにない物として」
「ま、その辺は今後の市場調査だな、無理な話だが、ExpandedCargoHoldのBPでも入手
 出来ればなー、もう勝ったも同然なんだがな、とりあえず、新しい売り物の目星が付いたら
 それに切り替えてみるか、それまでは通常運転で行こう」

と、いう事でちょいと自分の戦闘経験と流通をあわせて調査開始。プレイヤーは何を買って
どういう散在をしているか、弾丸等の消費物はそれなりの需要はあったのだが、いかんせん
1カウント辺りの利益が余りに少ないのがガンだ、あれじゃぁボランティア活動と一緒である。
ミサイルも既に生産してる人が居るからバッティングを避けないとマズイしな。

「提督、最近は完全に事務屋ですぜ」
「戦艦の為なんだよ、私だって好きでやっとる訳じゃないぞ、少し好きだけどな」

少なくとも戦艦貯蓄を行う私の拠点として、Randに第2事務所を構えたのは正解である。
この星系の人の少なさは楽園で、未だに他プレイヤーに出会わない。つまりルーターに遭遇
する可能性もゼロなんで、通常カーゴで単独クルーザー掘りも心配せず行えるのだな。
BP購入と工場レンタル、事務所増設の費用は全部償却し終わってるし、JMSは黒字だ。

「提督、とりあえずノーマルのShieldBoosterのBP買って様子見しやしょうぜ、これの生産
 販売でも赤字になるってこたぁ決してありやせん」
「そうだな、ノーマル品も市場に出回っている数は少ないし、製造原価がSmall品の市場
 での販売価格に近いし、これも確実にもうかりそうなヨカンだな」

苦虫でも苦汁でも毒薬でも何でも飲むぞ、戦艦買う為ならな。


さてさてひとまず恒星日誌はここで第一部完結と相成り候。
第二部は戦艦購入をした時に再開する予定、それまでしばし待たれ。
PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
DKSN
性別:
男性
自己紹介:
現在個人Corpで隠居中
最新記事
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp