忍者ブログ
    宇宙での 生活その他を 適当に
15. 14. 13. 12. 11. 10. 9. 8. 7. 6. 5.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恒星日誌 その9

連日の如く危険宙域でのギリギリの戦闘と寝掘りに明け暮れる日々にちょいと
スパイスを効かせる為、私は普段見向きもしないステーションのエージェント様
から仕事を貰ってみた。一番安いTritaniumを1000個欲しい、3時間以内で
良いから揃えて持ってきてくれとのこと。手元にTritaniumが20000個あったの
で、んではハイと渡そうと思ったら、エージェント、ここに行くと宇宙海賊の艦隊が
死ねるほど涌いてるから、こいつら倒してTritaniumを買うお金でも作りなさい、
と教えてくれた。

ホウホウ、普段行けないような場所にはこういう風に宇宙海賊の集会場が点々
と存在していたのか、とワープインアウトで目的の宙域に到達。
おお居るわ居るわ、宇宙海賊のザコ戦闘艇が総勢30機。まぁShashaの奴ら
のServantやMinion、たまにScavangerとかそういうザコ中のザコばっかりだ。
Omen級でバカスカと撃沈しまくりアイテムを収容してたらアイテムが30個以上も
入手できた。お、これはもうここをブックマークでアイテムが欲しくなったりした時は
ここに来て戦っていればまず死ぬ事は無いし寝掘りより退屈じゃぁ無いし良い事
づくめかもしれん。

1時間チョイの戦闘で敵艦隊を全滅せしめアイテム40個近くを入手し帰還。
ステーションでどろどろとリサイクルを行いエージェントに渡してミッション終了。
さてさてヒマなんでどーするか。
「提督、このステーションは田舎なんで工場のラインが空いてやすぜ」
「なぬ、工場ライン借りられるとな。。ショップでブループリントを探すべし」
探すまでも無く、Tormentor級フリゲートとミサイルのブループリントがあったので
衝動買いで入手。工場ラインの5日間レンタル代金5を支払って、まずはテストで
Tormentor級フリゲート10隻生産開始。これを安く売り払ってしまって、常に
生産する体制を築き上げればこの世は天国じゃないかオイ、と。

研究所の研究机も空いていたので借りる。ミサイルのリサーチだ。
調べまくる事で工場ラインでの生産時間を短縮するのであるな。1時間半位で
Tormentor級はポコポコとラインから落っこちて来るしなんか良い感じだ。
え?ここは何処のステーションだオマエ教えやがれって?ここはEmrayurから少々
ジャンプしたところにある、Baviasiっていう星系ですよ奥さん。普段来ないでしょ。
こっちもエージェントミッションやらなかったら来なかったんだけど。
「提督、今度は誰と電波交換してるんですかい?」
「要らん事を聞くな、工場は任せて我々は先ほどの宙域で海賊を狩るぞ」
先ほどの宙域にワープすると、大艦隊は復活していたのでまた殴り込んで全滅。
アイテム34個を入手してステーションでリサイクル。良い物は当然保存だ。
Tormentorばかり生産しているとアレなんで、10隻生産が終了したら今度は
ミサイルの大量生産に入ってみようと思う。その時はTormentorをリサーチだ。

成金計画始動でウマーだと騒いでいる割には、初期の投資でかなりの散財をして
いる事に全く気がついていない宇宙提督DKSNであった。

そして10数時間後、ちょいと高めに値段設定をしてしまったので全然売れやしない
Tormentor級10隻によりかかって宇宙ビールをグビグビ飲む提督。
「提督、ここ田舎だしとりに行くの面倒だから買わないってのもあったんじゃねぇですかい」
「値段高い上に遠いかー、そうだな、、、」
「あぁ、あと、値段は張りやすがEmrayurの工場ラインも借りられる様ですぜ」
「おお、よーし、ではそこを借りて生産だ、Tormentorの量産はまぁ暫くやめとこう」

ワープ一発Baviasi星系からEmrayurに帰還しラインを借りてBP挿入だガシャコーン。
何を作ってるかと言えばミディアムクラスハイブリッドの弾薬、イリディウムチャージだ。
1クリップ100発が1分45秒で製造できるんでガンガン作るぜガンガン。
Masa10提督と0,0宙域で戦闘してウマーしようと思ったら、思いの外に敵が強くて
逆にウマーされそうになり大破炎上して泣きながらEmrayurに帰宅する頃にはあっと
言う間に5000発もの弾薬が出来ているじゃないか、ジオン脅威のメカニズムだ。

「提督、この弾丸の1クリップ(100発)の原価は大体1000Iskってトコですかい」
「うーむ、社員には1クリップ500Iskで売るという事で決めたが、市場に500Iskで出すと
 大赤字な上に強烈なデフレを起こしかねないな。。最悪でも11Iskで売らないとマズイか」
「あと提督、あっしらのEmrayurはこの宇宙では南部の超時空田舎町って奴ですから、
 なるべく売る時は北部のオシャレ銀河に行った方が良いですぜ」
「滞在する提督の数の比率が半端ではないからな、まぁインダストリアルに弾薬を満載
 出来る位生産出来たら試しに北部に売りに行くとしようか」

と、いう訳で株式会社JMSは弾薬生産を開始。私の所有するインダストリアルシップは
カーゴベイが脅威の7900を誇るので、それを満杯に出来たら北部にテスト販売旅行
に出かけようと思うのであった。アイテム販売者としての道は果たして開けるのだろうか?

「提督、言われた通りEmrayurのショップにテスト出品して気やしたぜ」
「よし、あとは果たして弾薬が望みどおり売れるかどうか静観しつつ、ひたすら材料鉱石を
 採掘するだけだな。。。1クリップ1600Iskで果たして売れるだろうか。。」
EmrayurにてTash-Murkon全体の市場を調査した結果、現在IridiumCharge-Mの最大の
値段は1クリップ4500Isk、どこのおめでたい馬鹿が付けた値段かは知らないが。。。
で、一番安い値段は1クリップ1700Iskであった。という事で、これより安い値段で、ここで
売れるかどうかを検証する為に100クリップ、つまり10000発の弾薬を出品したのだ。
転売目的でも何でも良いから誰か買って欲しい物である。

Amarr陣営の船はレーザーにボーナスが付くのでまぁ厳しいだろう。
やっぱり売るとしたらGallente陣営の勢力圏なんだろうかな。


PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
DKSN
性別:
男性
自己紹介:
現在個人Corpで隠居中
最新記事
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp