忍者ブログ
    宇宙での 生活その他を 適当に
26. 25. 24. 23. 22. 21. 20. 19. 18. 17. 16.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




新恒星日誌 02

Act1

「さてだな、沈んでしまった戦艦はもう諦めよう、我々にはまだまだ錬度が足りない
 ワケだ、あとは戦場での気合だな。どんな敵に出会っても萎縮しないメンタルを
 ガッチリと鍛えておかないといかないと私は思ったのだ。だから、だ、SL00観光
 でも行こうと決めた。副長、海図を広げてくれ」
「この巡洋艦に荷物を載せたばっかりってのにもうお別れでやんすか、、あぁはい
 海図海図、と、、ふむ、こっからここまでとりあえず飛ぶでやすか、25Jump位は
 行くでやんすなぁ。一応PKに出会ってもトンズラ出来る兵装選んでつかぁさい」

戦闘と探査のみが目的なので重武装に速力アップ、確実にワープ航行に入る
事の出来る部品を積み込んで巡洋艦「千歳烏山」は出航した。
低SL宙域にて一番危険なのは、高SLと低SLの境目のSolarSystemであろう
と私は思っている。実際PodKillの履歴を見ると殆どは低SL出口のSystemにて
固まっている。恐らく、これでやっと低SL出られると気を抜いた船乗りにPKたちが
今ぞと襲い掛かっているのだろう。
今回も船には保険をかけている。PKを見かけたらなるべく逃げるが至近距離
で会敵してしまった場合は腹をくくろう。

「提督が喋ってる間にとっくの昔にSL00に突入しちまっておりやすぜ、まだPKの
 Pの字も見当たりやせん。まぁ時間帯からして奴さん達、布団で寝息を立てて
 いるんでやしょう。面倒な相手の居ない時間帯を覚えとくってのも実は重要な
 情報戦争の一つでありやすから、この辺も押えておくべきでやすよ」
「確かに忘れておったわ、夜中2時以降だと外人タイムであったな、まあそれまで
 は余裕で飛んでいられるからな、副長、ちょっとアステロイドによってくれないか。
 SL00ならイイ的が浮かんでいるはずだ」
「ヘイ、近場にワープしやす、今回の武装なら負けやしやせんでしょうよ」

HeavyMissileTurret5基でアステロイドにたむろす海賊の巡洋艦をボッコボコと
撃沈し続けて小遣いを稼ぐ。カーゴは船のベイが無さ過ぎる上に殆どの面積を
予備のミサイルに割いてしまっているので勿体無いが放棄。巡洋艦を10隻程
撃沈した所でPKっぽいのがSystemに出現したのでここでSystemからトンズラ。

途中で普通にPKにばったり出会ってしまった。
「GallenteのBCだと思いやすな、景気良くバンバン撃ってきやす。当たってやす」
「状況説明は良いから応戦せよ、全ミサイル発射、AfterBurner起動せよ」
ミサイルをPKの巡洋艦に叩き込みつつGateに向かって加速する千歳烏山。
ここで突然システムダウン(EVEが落ちた;;)

「副長、復旧にはどれ位掛かるのだ、、早くしないと玉子すら割られるぞ」
「NTTの馬鹿の調子によりやすな、、っと意外に早く復旧しやしたぜ」
再起動後、炎上する我らの重巡洋艦が目に飛び込んだ。というか中に居た。
「ゲホ、、アーマーが全損してるな、、ハルの部分はまだ大丈夫か、PKの馬鹿
 はどこだ?どこにいる?とりあえずGateに急げ」
「あいさ、PKの野郎、9時方向下部40km辺りに浮かんでおりやす。こっちが
 落ちてセキュリティですっ飛ばされたから離れやしたな」
「ゲートからも離れしまったが背に腹は代えられないな、ミサイル連射しつつ装甲
 修理しつつゲートに突入せよ、SerpantsCoilに到達するまで死ぬわけには
 行かんのだ、本来ならここに踏みとどまってあの馬鹿を撃沈したいが、、」
「ゲートに間に合いやした、ワープに入りやす」

よく目をこらしてSystemに存在する船乗りを調べると200万IskクラスのPK、、
まぁチンピラがうようよ居て、たまーに数千万Iskクラスの本職が存在する。
この辺は既にPK達のAllianceの領域なんだろう。まぁ結局そいつらにそれ以降
接触する事も無く、高SLのSerpantsCoilに到達。ジロジロと観光して終了した。
「提督、Gallente領域を南下して大きく迂回すりゃぁ帰りの道は安全でやすが
 あっしらのGallenteに対するStandingを考えると滅法危ないですぜ」
「あー、こういう時にStandingは面倒くさいな、、まぁ帰りも同じ道筋をたどって
 行こうじゃないか、保険に入っているというのは本当に気楽だ。しかも現在の
 保険ってのは12週間もサポートしてくれるんだな、昔は3週間か4週間くらい
 じゃなかったか?この辺も船乗りに優しい時代になったもんだ」



Act2

そしてGallente領を避けて本拠地に帰宅、MissionでまたGallente船を撃沈
して更なる悪印象をGallenteに与えつつの日々が続いた。
「副長、この調子だと超特急でGallenteからKOS扱いになりそうだな、D9GLに
 対しても迷惑が掛かりそうな気がして来たがどうか」
「提督の思った通りに行動して下せぇや、どう転んだって爆死する時は一緒でさぁ」
というワケで私はこのままのスタンスで行動を続ける事にした。
Story的な立場を構築するならばCardari領内にて暗躍するAmarrの対Gallente
海賊という事になるのだろう。面白い、それはそれで良いかもしれない。

「そういえば海賊とか他のFactionの拠点、つまりDeadSpaceなる空間にMission
 以外で訪問したことが無かったな、副長、どこかに美味しそうなDeadSpaceてのは
 無いものかな?」
「ここから東に11JumpしたOtomainenってSolarSystemに行けば6個ほどそんな
 所がありやすな、途中で1箇所低SLを通過せないけやせんが、どうしやす?」
「なに、高速ですっ飛んでいけばいいだけさ、整備と弾薬補給の後、出撃せよ」
Litiura-SystemからOtomainenまでババっとJumpして到達。PKにもやはり時間帯
が良かったのか接触せず。Otomainenにて適当なDeadSpaceに突入してみる。

「Gristasの奴らの拠点でやすな、、奴さん達、電子戦闘が得意と来てますから
 気を付けておくんなせぇよ、って言ってるそばからTarget外されまくってやすな」
「あぁ、これはイライラするな、、とにかく一つずつ目標を撃破せよ、あの遠方に居る
 MOA級が一番厄介だな、、この距離(75km)でなんでこっちに当てられるんだ」
「解りやせんな、宇宙の意思って奴でありやしょう」
「作った奴の勘定って事か、忌々しい」
電子フリゲートをなぎ倒し、遠方のMOA2隻に突撃しながらDroneとMissileをMOA
にぶち込む。ただのMOAじゃない、何とも異常に耐久力のあるMOAだ。しかもECM。

「こちらの耐久は大丈夫なのか副長?」
「へぇ、今流行のパッシヴ・シールド・タンクって装備になっとりやしてね、これがもう
 敵の攻撃よりもシールドを回復しちまうっていう優れもんなんでさぁ、MOA2隻
 程度の攻撃なんざ、屁でもありやせんぜ」
事実、シールドはチョボチョボと増減を繰り返すのみで被害を受けているという実感
が無い位に強固なシールドを我々の船は張っているのだ。MOA2隻に最後のミサイル
を叩き込んで撃沈、2隻で19万ISK程の賞金を獲得。更に遠方に宇宙要塞が
存在し、そこにも艦隊が確認されたので突撃。
「敵の巡洋艦はMOAばっかりだな、、頭が痛くなるがミサイル発射、Droneも行け」

MOAにミサイルがコツンと当たった瞬間、敵艦隊の全て(12隻くらい)が私に反応
して突っ込んで来た。みるみる彼我の距離が10km程度に。。
「提督、こりゃぁまずいっすね、ひとまずどこかのステーションに入っちまいやしょうよ」
「大軍に兵法無しって突撃の仕方だな、、よし、ワープドライブ起動」
「:ナビゲーション部より報告、このSystemにはStationがありませんでしたが何か」
「なんですと。えーとじゃぁどこにしようかな、、、」
「提督、早く決めてもらわねぇと、、この攻撃の規模じゃぁさすがのシールドタンクも
 どうにもなりやせんぜ、と言ってる間にシールドがお陀仏でさぁ、装甲が破壊され
 て来やした。早ぉ決めちまって下せぇや」
「よし、適当に惑星軌道上に移動だ、ワープドライブ起動」

間に合うか間に合わないかの刹那、とどめっぽい一発のRailGunが我々の巡洋艦
のハルを貫いた。
「副長、なんかこの光景を先日見なかったか、ほら、あそこでギュルギュル言ってる
 砲弾とかいろいろ、な」
「やれやれでやすな、、とりあえずポッドに入ってから話やしょうぜ」


Ferox級重巡洋艦「千歳烏山」 SL05 Otomainen宙域にて轟沈



Act 3

「隣のSystemを飛び越えたら適当にフリゲートを買って本拠に戻ろう、、しかし
 このクルーの人数でフリゲートってのは危険だが、我慢してもらうしかあるまい」
「全員で立って乗っていれば何とかなりやすかと。ワープの時危険でやすけどね」
SL04の隣でPunisher級を購入しLitiuraSystemに帰宅。
戦闘の経緯と狩場の情報をD9GL本部に亜空間IRCにて報告。後々で社員が
調査に向かい、狩場の横のSL00に事務所を設置、狩場用の事務所となった。

「怪我の功名って思わないとやってられんな、今回の撃沈は」
「まぁあっしらが突っ込んだDeadSpaceの難易度が6/10って高ェ数値だったそうで
 その辺調べるの忘れてたってのもアレでやしたがね、まぁ高い授業料になっちまい
 やしたが、色々勉強出来たと思えば安ぃもんでさぁね」
「しかしこの1週間で戦艦と重巡洋艦をゴミにしてしまったのは情けないな」
「金ならまた稼げばそれで済みやす」
「ま、そうだな、じゃぁとりあえず、、」
「堀りやすか」
「うむ」
Asteroidにて採掘をしていると通信部から連絡が入る。
「:元JMSのKogaratsuから亜空間通信が入ってます」
「繋いでくれ、、hmhm、、完全に地上生活に戻るから持っていた資産を売却して
 こっちに送る、と。了解だ、復帰して欲しい物だが無理強いは出来んな」
「9000万Isk近い金があっしらの口座に振り込まれやした、これでいろいろ建て直し
 が楽になりやすな、、と、JMSってのはもう復活出来ないんでやしょうな」
「まぁそれも宇宙の意思って奴だな、、、」

金策の為に採掘をする意味が無くなってしまった。
だが、普段、SkillとMissionだけでその他に行動のタスクをおいていない我々は少々
張り合いという物が無いのではと考えて生きている。やる機会はあるがやらないのでは
情けない、という事でMissionのエスクローからBluePrintCopyを買ってきた。
「副長、これを見てくれ、こいつをどう思う?」
「すごく、、大きいです、、、いや違ぇや、こいつはRavenにScorpion、Armageddon、
 Iteron-Vの図面のコピー、って随分大量に買い込んで来やしたな」
「まぁこれだけ持っていれば採掘も張り合いが出るし、Missionで手に入ったガラクタも
 安心して成仏できるだろうって事さね、副長、ホラ、ここはSL04の境界線のSystem
 であるからな、隣でやられた船乗りが買ってくれるだろうと思わぬか」
「提督も阿漕な所は相変わらずですな、その話、乗りやした。Mineral貯めやしょうぜ」

保険金でFeroxをもう1隻買いなおし暴力掘り仕様に変更、その間にガラクタ資材のみ
でIteronVを5隻生産を発令し生産開始。掘りの拠点はソロだと面倒な事が嫌いなので
確実に安全なKakakelaSystem(SL10)に拠点を設けて採掘を開始した。
VeldsparとScorditeしか出ないアステロイドであるが、まぁその他はガラクタで間に合うと
思うので何とかなるだろう。
「提督、本気掘りで何を作ろうって魂胆でやすか?」
「んー、まずはPK御用達のScorpion級でも作ろうかと思う。PKに対して商売をしてPK
 に恨みを燃やすってのもおかしな話だがマァ聞け、最終的にはやっぱり色々活動資金
 ってのは必要だからな、今はまだアレだ、臥薪嘗胆とかな、人間万事塞翁が馬とか、
 色々待つ時期であるって奴だ」
「採掘なら本気の船も買っちまった方が良かありやせん?今の時代、採掘専門の船に
 マイニングバージってぇクラスがあるんでさぁ、インダストリアル級ばりの土手っ腹面積を
 持ちながらとんでもねぇ採掘能力を持ってるって話ですぜ」
「あーアレか、、確か凄い高かった記憶が、、ってあれ?ごめんゼロ1個見間違ってた。
 何だ激安じゃないかこいつらは。とSkillがまだ私は足りないのだよ、アストロジオロジー
 とかバージシップのSkill上げないと乗れないな」
「専用採掘ビームのSkillも必要でやすな、、、まぁ先に買っておいて退っ引きならねぇ
 事にすりゃぁ自堕落な提督も諦めて勉強するんじゃぁねぇですかい?」
「だな、あいつなら、、って私か、わかった、じゃぁこの2番目の奴をピシっと購入と。
 一番の奴だとSkillが足らなさすぎだからな、何時になったら乗れるかわかった物では
 無いしDroneのSkillも上げないといかんしな、この真ん中で暫くは間に合わせよう」
「掘る勢いはまぁ普通でやすが、カーゴがでけぇですからあくせくとカーゴに移動させる
 わずらわしさってのが随分と減る事でありやしょう」
「メンタル的にはその辺が一番重要だな、カーゴ移動の忙しさで何も喋れなくなる事
 があるからな、この宇宙のマッタリ感に一番合わぬわ」


我々の当面の目標は、戦艦建造、Drone部隊強化そしてマイニングバージ搭乗だ。
社員であるがあくまでも一人で何とかなる人物に育つ為に色々やってみるのである。




続く


PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
DKSN
性別:
男性
自己紹介:
現在個人Corpで隠居中
最新記事
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp