忍者ブログ
    宇宙での 生活その他を 適当に
34. 33. 32. 31. 30. 29. 28. 27. 26. 25. 24.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


新恒星日誌 10

Cardari-Cosmos大作戦

Act1

「副長、ではこの勢いでAmarrCosmosを一気に終わらせてしまおうではないか、
 Apocの強大な火力と性能ならなんでも出来るぞ。まずはGarisosSystemに
 ワープ、戦闘ばっかりのMissionのほうが私が突っ伏して寝なくてすむわ」

Garisosの戦闘Missionの幾つかは非常に歯ごたえがあり辛く長い物であったが
何とかクリア、幾つか、どうしても入手方法の解らないItemなどがあったりするMission
は一時停止させた。その手がかかりを探る為もあって、Cosmos内の狩場を片っ端
から急襲し敵をなぎ倒して色々謎Itemをゲット。更に謎を深めていた。

「提督、次のワープポイントに到達しやす、、、って、、こいつは、、敵艦隊に戦艦が
 おりやすぜ、Apoc級1及びMage級2を確認」
「出来るだ距離をあけてフリゲートから攻撃開始。戦艦の火力は怖いが定石どおり
 の戦い方をすれば、、、っておい、フリゲートの脚が恐ろしく早いぞ、Drone部隊の
 攻撃が追いつかないじゃぁないか、対空防御だ、火力をフリゲートに持っていけ!」

と努力した物の20km以内に突っ込まれLサイズの砲撃当たらず。
「提督、なんかいつものパターンになってまいりましたな」
「いやまだ望みを捨てるな、せめて戦艦と距離をあけてしまえばフリゲートの火力を耐え
 凌いでDroneで1隻づつ落としていけばいいのだ、、っておい、しまった。Stasisweb
 警報発動か」

お約束な封殺攻撃の最後、WarpScrumblerを掛けられた我々は動けない、逃げられ
ない、そしてDrone全滅の3段コンボ状態。FGを落とす近接対空砲を持たない我々に
BSが接近中。。。。解りやすい結末が見え始めた。

「ええい、死なば諸共、BSだけでも道連れにしてやる、砲撃開始」

相手がGristasだったらばさらにECMを喰らってターゲットも出来ずの状態であろうが、
BloodRaiderなのでBSにがりがりと攻撃をいれる。まずApoc撃沈。非常に硬く長距離
ミサイルが痛かったがこれでよし。続いてArmageddonを撃沈。Amarr船籍のクセにMinmatar
の刻印なんぞ入れやがって船乗りの風上にも置けない奴である。あれだけは撃沈しておかないと
明日からの寝覚めに関わってくる。

「はぁはぁ、もう船の耐久度も限界に近づいているな、、、総員退艦準備せよ、いつもの
 パターン過ぎてもう感覚が麻痺してしまったわ」
「・・・脱出しやすよ、ポッドに行きやしょうぜ。提督は戦艦沈める時は毎度、お決まりですな」

最終的に敵艦隊大小総勢20隻から一斉射撃を喰らう。同戦場に居た外人さんの
Raven2隻から強大な支援をして貰うもむなしく、アブク銭で購入したApoc、一日で
アブクの如く消え去りぬ。GarisosSystemにて轟沈。

「・・・提督、何か一言お願いしやす」
「・・・生まれてすいません」

保険でApocを買ってまた沈めても堪らんし、精進という事もあり、Armageddonを購入して
Missionを続行させる事にした。しかしココ、GarisasのDeadSpaceはかなり良い場所であろう、
と確信。敵艦隊は2個のグループに解れているので、どちらかを攻撃して最初のラッシュを凌いで
しまえば後は非常に楽そうである。Apoc、Armageが敵に存在するが、単騎で突っ込まなければ
大丈夫であろう。つまりはGang向けの狩場である。ワタシ一人で突っ込むのがそもそも間違いだ。

気を取り直してArmageddonにてMission再開。
GarisosSystemで最後に請け負ったMission、GuildWarsの3番目の仕事、敵艦隊全滅戦闘
に突入した。Apocで挑んだ時はコテンパンに攻撃されて、ほうほうの体で逃げ出した戦場である。

「Apocですら恐ろしく苦戦したここにMageddonで来たがやるしかない、BloodRaiderの勢力圏
 のクセにここの敵はCardari船籍だ」
「BloodRaidersじゃぁありやせんからね、敵さん、ただの傭兵軍団です」

GuildWarsのWaveは時間との戦いである。
モタモタしているとどんどんMOA級CLがワープアウトして手がつけられない。距離を開け、また
DroneでFGを落としつつMOAを1隻1隻潰していく。彼我の距離を70kmほど空けられたので
もはや我々に不安は無くなった。

「提督、ラスボス出やしたぜ、BloodRaiderの戦艦が」
「お、きやがったな、焼きそばパンみたいな形をしおってからに、、ってオイ、これまた脚が早すぎるぞ、
 なんだあの速度、秒速1000mてのは。しかもこっちがBloodRaider対策って事でEMとThermal
 の耐久度をガンガン上げた事をあざ笑うようにProjectile砲塔を装備してるじゃないか。」
「MWD炊きっ放しって奴でありやすな。あれとこっちが一生懸命撃墜中のFGと組まれると厄介
 ですぜ、早いトコ片付けちまいやしょう。攻撃なんか喰らっても構いやせんぜ」

が、BSに接近され多重攻撃を喰らう。何門かの砲を停止しRepairとABを起動、戦艦のちょっかい
を無視しつつFGを落とし続けて全滅。
「全砲門、UltraVioletLに換装、照準を敵戦艦に向けて突撃開始」
「アイサー、StasisWeb起動、敵艦完全に補足。あっしはあの変な船に一度乗ってみたいでありやすなぁ」
「なに、そのうち軒先で落っこちてたりするさね、とりあえず早いトコ、あれを沈めてしまおう、これで
 このMissionの山場は終わっただろうな」

時間はかかった物の敵戦艦を轟沈せしめ、1200mm砲を戦利品として
入手しカーゴをパンパンにして帰還。

GuildWars最後のMissionを完了、入手したItemは別のMissionで必要であった。これを持って
今度はKadorの王族直々に仕事を貰う。BloodRaiderが我が物顔でうろつくGateを二箇所潰し
つつ通過して王族の住居というか逃げ場所に到達。敵艦隊殲滅の仕事を請ける。


Garisos近郊にワープ、装備を点検し戦闘モード突入。
「敵艦隊が出現しやした。FG4機に、、BS、Apoc級を確認、提督?」
「Drone中隊発進、FGを全滅せよ、我々はApocを目指し突撃開始。
 至近距離で火力をぶつけて短時間で終わらせよう」
「近づくまでのMissileの雨に耐えられればいいんですがね」
「装甲は恐らくこちらの方が上さ、Hullに食い込まれても勝てばいい」
「提督はホント、保険入らないときほど強気でありやすな、了解」

久々に気合の入った戦いを終え、Apocを撃沈。
それでまずはKadorの王族から+4Implantを貰い、また別のMissionで
必要なItemを入手。これを持って別Agentに行ってそれを渡して完了。
また+4Implantを入手。その他既に+3Implantを入手してたのでここ数日
でImplantを合計7個入手。時価総額は430MilIskに及ぶ。
+4Implantはエスクローに出した。すぐ売れるだろうとたかをくくっていたが
億Isk単位の品物ってのはそう上手く売れず。

「提督、すぐ売れるだろうってタカくくってエスクローでGallente警察の
 パトカーを6500万で買ってる場合じゃありやせんぜ」
「大丈夫、売れる売れる」
「いや、事務所の家賃を払う資産も残っていねぇって事なんですぜ」
「ウホ、仕方ない、私のお財布から50万Iskほど金庫に入れておこう」


Act2


AmarrCosmosで受けられるMissionはもう残っていない。
残りのAgentはFactionStandingが7.0以上無いと目も合わせてくれない
のだ。仕方が無いのでProphesy級超甲巡と弾薬全てを残し、ここは狩場
として使用する事に決め、残りをAsriosに戻す。
そこから今度はCardariのCosmosMissionをやろうという事でAirmiaSystem
に23Jumpして到達、戦いは始まった。

CardariCOSMOSAirmiaSystemのMissionAgent-Kusan_Niemenen
1発目-Lookin' For Work? (1 of 2)
Isogenを2674個持ってこいとの事。このSystemはStationが無いので、隣の
Systemで購入。TimeBonusが無いと赤字確実。Isogen馬鹿売れの予感。

2発目-I Lost My Stuff (2 of 2)
Agentが自分のMissileLauncherをどっかになくしたから探して来てとの事。
手がかりが無いので一旦パス。
別のAgentも色々特殊なItemを要求してくる。かなりのMission連携の予感。

同SystemのAgent-Istei_Poyr
Mission1発目-Station Schematic Delivery (1 of 4)書類を輸送しろとの事。
(Airmia-System→Josameto-System)
念のために、とArmageddonで来たが脚の遅さが目立つ。
最初の取り掛かりなので、L1とL2のAgentと仕事をするから、もっと早い奴でも
良かったのであろうと。わざわざ買うのも面倒くさいのでこのままいく。
戦艦であるから小型機主体の低LvMissionは逆に脅威であるが、DroneBay
にはScoutDroneが25機居るのでまぁ大丈夫だと思われる。

同AgentのMission2発目、Construction Blocks (2 of 4)
上記Block13個を運搬せよとの事。(Vouskiaho-System→Josameto-System)
まぁ楽勝、とはいえ結構な距離がある。
Josametoで仕事を終えたのに、この仕事を請けるのにまたAirmiaにもどらないと
いけないのをホントどうにかして欲しい。

ちなみにまともな攻略ページが見当たらないので、完全な手探り状態。
で、もうBlockは面倒なんでJosametoで購入。Agentが届けろと指定した
StationにおいてからJosametoに帰還。こうすれば一瞬でMissionは完遂できる。
これはBlockに特殊なフラグが存在しなかったから可能であった方法で、Reportの
様にフラグが潜在する可能性のある物には仕えない。そして、この方法で一瞬に
してMissionを完了させた。

同AgentのMission3発目
Workers Need Air... (3 of 4)
Oxygen137個欲しいとの事。
もう物凄い楽勝、隣のSystem(Sakkikainen)で売ってたので購入し突撃。
ただ、先に購入し入手、それから仕事を請けないとTimeBonusを貰うのは難しい
位に(BSだから)制限時間が短いのが、、ちと残念。MWDもってけば良かった。
でも残り30秒で何とかクリア、TimeBonusを貰った。
まぁいろいろあるが、所詮はLv2Agentなんで楽なのであるな。

同AgentのMission4発目
Bad News (4 of 4)Gristasの「Propel-Dynamics-Dogtag」を5個持ってこい、
との事。恐らく近くに戦場があって、そこで集められるのだろう。
どれだけ時間がかかるかわかった物ではないので、請け負う前に集めよう。
TimeBonusはFaction-ModuleのECM-BPC。これは欲しい。

同System内の「Contested-Cardari-Lai-Dai-Rifinary」にどうも戦いの匂い
を感じ取ったので急行。が、GateはEliteCL以下の入場しか認めない。
BSで呆然と立ち尽くしても仕方が無いので何かCLを買わなければ。。
そしてFriggiSystemにて急遽Arbitratorを購入。もうお金無いんだが。
DroneはMageddonの物を流用すれば良い。
Moduleもとりあえず急場凌ぎの物を何か用意する。
MissileLauncherとTurret、ABに装甲があれば良いか。。(手持ち90万Isk)
で、とりあえずな装備を施した。一応堅牢には作ってある。L2Missionだし、ガチ
の装備なんか必要は無い。しかしHASの入場を許可してるのにBSはダメってのが、
なんとも納得いかない。Arbitratorにて再びLaiDaiのGateに向かい突入。
Gateが3個ある。まずはGristas-Spy-Stationを威力偵察。
・・・ここCL1隻じゃ辛いな。。。誰かの支援を仰ぐしか無さそうな気が。

ArmorRepairを買い忘れたまま戦場にでてボロボロになったのでPoinenSystem
にて買い注文をだす。引き取り及び修理で9万飛ぶ。
MediumArmorRepairがArbitにギリギリでハマらないのでSmallに買い替え。
敵と戦う前に家計と戦わなければならなくなっているのが寂しい。
GallenteFactionFGを買った事は別段後悔しておらず。そしてLaiDaiに再突入。


「提督、報告書しすぎてなんだか恒星日誌が後半手抜きですぜ。
 Mission説明はこういう方が解りやしぃと思いやすがね、もうちっとピリっと行きやしょう」
「うむ、自分でも書いててこれはマズーと思っていた。次はもう少しなんとかしよう」
「上のを治す気は無いって事で?」
「無いって事で」


続く
PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
DKSN
性別:
男性
自己紹介:
現在個人Corpで隠居中
最新記事
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp