忍者ブログ
    宇宙での 生活その他を 適当に
39. 38. 37. 36. 35. 34. 33. 32. 31. 30. 29.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


新恒星日誌 15

KhopaでWakabaと共同採掘

Okome艦長以下Wakabaの面々多数に混ざり、超難度Missionを斡旋されたので全力
で逃げ出してきたDKSNがVallenstainを引っ張ってKhopaSystemのAsteroidに参加。
MiningBargeとArmageddonでCargo3コを一杯にして、Wakabaの艦長に回収して貰った。

「では副長、Penirgmanに進路とってWarpDrive起動」
「ようそろ、Vallenの娘さんのMageddonと提督のBargeで採掘を比べると、差ってのが
 如実に出やがってすげぇですな」
「まぁVallenのMageddonがMinner-Iしか載せてなかった、というのもあったんだがな、
 Miningbargeはさすがだと思う。もう暫くすればLaborynもRetrieberに乗る事が出来る
 みたいだし、その時は3隻で気合の採掘作戦でもやってみようじゃないか」
「最近は先頭に飽いて生産が忙しいですからな、あまり買わない方が良いMineralとかは
 てめぇで掘っちまってやりくりしやしょうぜ」


Penirgmanの内務省Stationに到着、装備を降ろし事務処理をしてたところに・・・
「提督、Khopaから緊急通信が入りやしたぜ」
「Ore泥棒出現とな、副長」
「ようがす、Apocの整備は完了しとりやすぜ」
「VallenにもArbitで出撃させよう」
押っ取り刀でKhopaのIX-Asteroidに急行した我々。どうやら相手はShuttleで少量のOre
を盗み出し、Jettisonの後、狙ったCargoから全てを移し変えて後々でそっくり頂こう、という
狙いらしい。相手はShuttleからGallenteCLのVexorに乗り換えていた。

「まぁ普通のプレイヤーだったらな、犯罪フラグを恐れて泣き寝入りするところでは、あるな」
「へい、普通の艦長ならそうしやすな」
「日本人をなめたらどういう事になるか、教えてやろう。副長、先生に電話を入れてくれ」
「提督が地上で通信空手を習った人でありやすかい?宇宙船乗れるんですかい?」
「問題ない、Shuttleでちょっと小技を使ってくれと頼んでおけば、あとは何とかなるさ」

4thキャラであり、当日誌で初出かつ私すら存在を忘れてたキャラ「Dread-Sforza」がStation
をShuttleで飛び出してKhopaに急行。
現場では、私のApocとVallenのArbitで泥棒をLockし睨みあいを続けている。下手な行動を
起こしたらVallen戦いの火蓋を切り、DKSNの全火力を叩き込むまでだ。
相手が悔しくて戦艦を出してきた所で何の問題は無い。何故なら、我々は退却しないからだ。


「SforzaよりDKSN、これより作戦行動に入る」

「了解、無茶はしないで下さい」

泥棒の後ろをスルスルとShuttleが飛び、彼が最初に中身を移し変えたCargoに接近。
他にもカモフラの為にCargoを出していたが、中身は全てBMだった。本命はこのCargoだけ。
思惑どおり、相手は少々あせってShuttleを追いかけ始める。
Sforzaはその気が無いフリで他のCargoを検分。それを見た相手、安心したのかそれともさっき
までにらみ合いをしていた我々2隻を思い出したのか、定位置にもどって来た。

この3隻が一人のプレイヤーによって動かされているなど、知るはずも無い。

「提督、ここからみな居なくなるまでやっこさん、いるつもりですな」
「だろうな、奴は我々のGangが犯罪フラグを立てるという事が怖いと思っている。まぁそんな慢心
 した能無しをぶち壊しの台無しにする事が、私の幸せだ、先生、お願いします」

「了解、吶喊する」
SforzaのShuttleが急速反転上昇、Oreの詰まった泥棒のCargoに巡航速度で接近、無停止
のまま中身を確認しつつWarpdrive起動、Warpに入る寸前に奪取した。
びっくりした、というか待ってましたと思った相手はSforzaをLockして追撃開始。釣られているのが
まだ解っていないらしい。Sforzaはわざと追われて追い詰められ易いワープ先、つまりアイコンが
スタックしておらず1個しかワープ先の無い惑星上空に飛んだ。

後から追いかけワープしていくのを残った2隻で確認。とりあえずこちらの役目は終わったと思う。
Sforzaが撃沈されるなら、泥棒が戻ってきた所を5秒で粉砕するつもりだ。

「SforzaよりDKSN、ワープを繰り返して相手を巻く事に成功した。これよりAsteroidにもどる」
「了解、こちらも作戦第二段階に移行」
次の問題は、このカーゴに詰まりに詰まったOreをどうしようという事だ。
Wakaba艦隊の人々は手を付けない。まぁ犯罪フラグってのはやはり厄介な物であるし、現時点
で武装艦艇に乗っているのはTRAMの我々だけという事もあった。

「先生、良い事を思いついたよ、盗んだOre、Jettisonしてその中に泥棒のOreを全部移し変え
 ちゃえばWakaba艦隊が合法的に回収出来るさね、ちょっとお願いします」
「さすが私の生徒だ」

と、Shuttleで泥棒のCargoの中身をそっくり移し替える事でWakaba艦隊の回収作業が再開。
Arbitはもう居なくても大丈夫なのでVallenを先に返す。Sforzaにも帰って貰った。
ApocはCargoの横に残り周辺警戒&Rats掃討を担当す。
この時点で、巻かれた泥棒は諦めて違うSystemに飛んでいったらしい。
Tramは無事に全てのOreの回収を確認した後、Wakaba艦隊と解れたのだった。

「3隻同時作戦もヒヤヒヤですな」
「メモリぶっ飛ぶかと思ったぞ」
「まぁ、血を流さず頭使ってやり過ごすのも、戦闘の一つでありやすな、SL08なら尚更」
「だな、、、ま、なんというか、TRAMなめんなよ、と」


Act2 その他


VallenStainがHeavyArmorMentainanceBotを使用可能になった。
5機使用で700近いArmorを直してくれる。


久々に採掘。PenirgmanのAsteroidは放置気味なんで育っています。


で、実は優秀な私の溶かし技能。
内務省のStandingが高いのでNoLossで全てを手に入れる事が出来まする。
しかし戦闘で生計を立てるのがTramクオリティ。




JPN連合艦隊大集結の図。


こんな規模の艦隊が次に集まるのは、いつですかね。。。



Act3 そして・・・


「さてだ、かなり金もあるし、暫くの間、私はあくせくMissionをしなくてもゆっくり生活を
 していく事が出来そうだな。副長がブツブツいってた例の海賊船も乗り飽きたからな、
 さっき買った時の値段に30Mil上乗せして売り払っておいたさ」
「提督にしちゃ珍しく関心できる資産運用ありやすなぁ、これでTRAMの資産総額は
 多分6億とか行ってんじゃありやせんかい?」
「6億か、戦艦その他保有艦艇、MuduleやMineralの総額を合わせるともうそこまで
 金が貯まっていたか、ふーん、、、副長、ちょっと用事を思い出した」

「提督、何処行くんですかい」
「いやちと拠所なき事情でな、出かけてくる。一筆啓上火の用心、おせん泣かすな馬肥やせ」
「目と脳が上の空になってら、、、、ってもうもどって来た。提督、どうしやした?」

私は無言でVallenを拳骨で気絶させるとまずArmaggedonを売り払った。
そして副長の見ていない所で自分のAPOCを売り払った。さらに他の乗っていない船も
まとめて売却、副長は目を白黒させて凍り付いている。
「てててて提督、こりゃ一体なんのマネですかい、まさかもう引退しちまうんですかい?」
「・・・何も言うな、、副長、暫く留守にするぞ」

私はそれ以上何も言わず、AssaultShipでPenirgmanを飛び立った。
目指すはMinmatar領のRens。21Jump先である。

1時間チョイの航海を経て、Rensについた私は、ある取引を行ってそれを収容、自爆テロ
にCargoScanで中身を悟られぬようにSecureContainerに封印し復路を急ぐ。
EVE人生最大の警戒態勢を敷いた航海を無事に終え、Penirgmanに還ってきた。
「副長、言う前に謝っておく。ごめん」
「いや、謝るも何も、何が起きてんのか、あっしはサッパリでありやすぜ、あぁ、Vallenの
 娘さん、タンコブ作ってあっちで寝とりやす」
「あぁ、、Vallen、オマエにもスマンといって置こう、乗る船がTransportしか無くなったからな」

私はTram全員を招集、テーブルの上にRensから持ってきたソレを置いた。
「こいつは、、、」
そのブループリントは、AngelCartelのBattleShipである。
「この為に4億の金を使ってしまった。当然ながらTramは暫くMissionは不可能になる。
 私とLaborynのMiningbarge、VallenのTransportshipが無ければこんな無謀な買い物
 はしようとは思わなかったがな、私自身暫くはSkill習得で動けなくなるってのもあるし、
 その間の道楽として勘弁してくれ」
「かー、しょうがねぇなぁ提督はもう。Barge2隻がかなり強力な免罪符って奴ですかい、
 まぁあっしも解ってるから怒りやせんけどね。
 提督、GallenteとMinmのBattleShipSkillなんて、覚えておりやすか?」
「無い、狂おしい程に、無い」

副長椅子から転げ落ちる。
「まぁ案ずるな、私の能力なら10日もあれば両BSのSkillをLv1まで持っていけるさね」
「文字通り、宇宙を駆ける全財産でありやすな、、Lv4Missionにこれで行くのだけは
 やめてつかぁさいよ、Tramがぶっ飛んじまいやすぜ」
「Vallenの戦艦もまたちゃんと買うてくれなんし、Apoc買うてくれなんし」
「私はそもそも船を頂いておりませんが・・・Feroxが欲しいです」

「いやホントすまん。まぁMineralとか金とかはまだあるしな、もう少し安定したらまた船
 でも何でもそろえるから、待っててくれ」

衝動買いのLVがまた上がったDKSN。
このAngelBS「Machariel」に乗るSkill修行のお陰でめでたく全Faction艦艇に搭乗が
可能になるという結構大きいゴールにも到達するのであった。
衝動買いの最終目標はSanshaBattleShipのNightmareである(11億)


で、Mineral集めて3時間半で建造してみたの図。乗れません。


説明を見ると、どうやら古代Jovianの船がベースになってるらしい。
それを引き上げたAngelが主力艦にしている、と。

Macharielの性能諸元
何気に素晴らしい性能です。





余談

EVE漫画で外人さんから激励のお便りが相次ぐ。
「日本語解らねぇけどVery AwesomeAmazing workだぜヒャハー!!!」
「俺達を主人公にした漫画頼むよジーザス!!!!(PKからのお便り)」
「CCPから仕事来んじゃね?」

残念ながら今の所、誰かのリクエストに答えるという事はしておらなんだ。
私がリアルでフリーターだったらば一念発起して何か得体の知れない行動
を起こしているのでは、あるが。
とりあえず今は描き途中の漫画を一刻も早く終わらせたい。


続く


PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
DKSN
性別:
男性
自己紹介:
現在個人Corpで隠居中
最新記事
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp