忍者ブログ
    宇宙での 生活その他を 適当に
1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界喧嘩旅行は続く


「今週もまたPvPに行ってきたわけである」
「提督のThorax、Okome艦長のArbit、それに今回Kazamidori艦長が
 Scorpion級で乗りつけて来た事で電子戦闘に期待が持てましたな」
「んむ、さて最初に行ったのはまたしてもOld man star systemだ。ここに
 行けばとりあえずチンピラから伝説の戦士まで出会えるだろう、という
 感じなのでAsteroid巡りつつ、接敵したらGOという手はずだったが、
 どうもすれ違いが多いようなのでOkome艦長に掘りをしてる”ふり”を
 してもらい、SafeSpaceにて待機する我々が餌に食いついてきたPK
 に突撃するという釣り作戦に変更。
 Okome艦長のArbitは相当な危険にさらされるが、実行した」

System内でめぼしをつけていた「Wide」という名のPKがそこら中に
カーゴを足跡として残していたのでかれを狙う作戦に。
待つこと数分、Okome艦長からHelpの電文きたれり、作戦通り現場
に急行するとArbitを楽しそうにボコるPKを発見。
有無を言わさずト連送。

ArbitのJam、私のJam、ScorpionのECMによりHASはただの硬い箱
に成り下がり、数分後に轟沈。PodKillまではする気は無いので逃走
するに任せ、戦利品を回収。
Med-ElectronBlaster-IIやMWD-II、Void-Mなどを回収し撤収。

「とまぁ、非常に幸先の良いスタートを切ったのだ」
「T2装備満載の贅沢な船でありんすな、まぁ本気PvPやる時は、これ
 位の奴で挑んでこそっていう事なんざんしょう、、」
「まぁ、あちらも、そして我々もリスクは承知でここに居るのだ。船が
 沈んだくらいで凹んでる馬鹿者はLowSecに来なくて良い」
「しかしFactionModule、灰燼に帰したのは勿体のうござんすなぁ」


撃沈魚拓
----------------------------------------------

2006.09.02 13:50

Victim: wide
Alliance: NONE
Corp: Executive Order
Destroyed: Deimos
System: Old Man Star
Security: 0.3

Involved parties:

Name: okome
Security: 2.3
Alliance: NONE
Corp: Ministry of War
Ship: Arbitrator
Weapon: Hobgoblin I

Name: DKSN (laid the final blow)
Security: 3.7
Alliance: NONE
Corp: Tramp Steamers
Ship: Thorax
Weapon: Medium Beam Laser I

Name: Kazamidori
Security: 0.4
Alliance: NONE
Corp: Perkone
Ship: Scorpion
Weapon: Hammerhead I

Name: Serpentis Chief Watchman / Serpentis Corporation


Destroyed items:

Medium Armor Repairer II
Energized Adaptive Nano Membrane II
Internal Force Field Array I
Void M, Qty: 2323 (Cargo)
Shadow Serpentis Energized Adaptive Nano Membrane
Heavy Ion Blaster II
Heavy Ion Blaster II
Heavy Ion Blaster II
Null M, Qty: 2500 (Cargo)
Induced Multispectral ECM I
Magnetic Field Stabilizer II
Shadow Serpentis Armor Explosive Hardener
Bloodclaw Light Missile, Qty: 189 (Cargo)
EP-S Gaussian I Excavation Pulse (Cargo)
EP-S Gaussian I Excavation Pulse (Cargo)
SV-2000 Assault Missile Bay (Cargo)
Stasis Webifier I (Cargo)
Void M, Qty: 105
Void M, Qty: 107
Void M, Qty: 107
Void M, Qty: 107
----------------------------------------------

さて次なる戦場にて、WarpOutした場所にPKのMegathがご光臨。
Kazaさんの突撃にあわせこちらもMWD全開で目標に突っ込みWebiに
Scrumblerを叩き込みつつDrone射出。ってアレ?一撃目で私のShield
が全吹き飛びしつつArmorが1/4持っていかれた。

Kazamidori艦長のEWよりも早く突っ込みすぎてしまった模様。
戦場からの離脱行動をとるも間に合わず、Thorax轟沈。Okome艦長の
Arbitもまもなく轟沈した模様。Megath自体は、Kazamidori艦長があと
少しの所で撃沈出来る、という時に逃げられたらしい。
もっと闘いを上手にやれば負けない相手では無かったそうなので、この戦
はとりあえず次に持ち越しである。

「面白いのは、かのPKの装備情報をLocalに居た他の船乗りが聞きに来た
 ことであるな、敵の敵は何とやら、だがPKは相当有名(嫌われ者)の様だ」
「あのMegathとはいつかはまた出会う事になりやすな」
「うむ、アレに問わず、あのクラスのPKをいつかは倒せるようにならないと我々
 は前には進めない、これは強烈な試練だが、前に進もう」

という事で沈められた自分の魚拓も貼る
----------------------------------------------
2006.09.02 15:00

Victim: DKSN
Alliance: NONE
Corp: Tramp Steamers
Destroyed: Thorax
System: Oulley
Security: 0.3

Involved parties:

Name: Datanian (laid the final blow)
Security: -9.5
Alliance: NONE
Corp: Fear.
Ship: Megathron
Weapon: Berserker I


Destroyed items:

Local Power Plant Manager: Capacity Power Relay I
Acolyte I (Drone Bay)
Acolyte I (Drone Bay)
Acolyte I (Drone Bay)
Acolyte I (Drone Bay)
'Langour' Drive Disruptor I
Medium Nosferatu I
Ultraviolet S
Ultraviolet S
Medium Beam Laser I
Medium Beam Laser I
Ultraviolet S
Damage Control I
Medium Nosferatu I
----------------------------------------------


懲りずにL4突撃してお金稼いでるの図

JC起動で別のSTに行くと、たまにカメラがありえない距離に引いた
状態でフェードインする。記念にGalleST内を撮影。


09/04追記
撃沈したThoraxのKillMailが古い物を張ってました。
ちゃんとしたものに交換。
PR
旗揚げ戦 そして 魚拓

かくしてTRAM PvP旗揚げという事でKazamidori艦長、Okome艦長と
共にLowSecurityLevelのOldManStarに出撃した。
Kazamidori艦長のInstaとGangWarpで全Asteroidを徘徊しこれから
長く続くであろう血で血を洗う日々の最初の生きたマトを探す。

「提督、んでなんか決まり事はあるんですかい?」
「戦闘規定は我々より上のクラスの船は狙わない、それだけだ」
「他は?」
「んー、捕虜は取らない、捕虜にならない。おわり。」
「ようそろ、まぁ病院で久々に起きるのも悪くありやせん」

Asteroidを何個か巡った後、最初の目標は居た。
単騎でRatsを狩っていたであろうThorax級巡洋艦めがけて我々3隻
が襲いかかる。Kazamidori艦長のBlackbirdがMultiECMで相手の目を
完全に潰しつつ私とOkome艦長で逃亡手段を潰しつつ、NOSで吸う。
さらに小火器及びDroneで近距離から攻撃。
相手はThoraxだけあってWebiを私にひっかけて来た。

「ECMのおかげでこちらが喰らうのはDroneの攻撃のみだな、まぁ
 装甲巻いてRepair起動してるし何も問題は無い」
「まずは最初の記念すべき1隻目、、、仕留めましたな」
Okome艦搭載ライブカメラでその最後の瞬間を見届けつつ、久々に、
自分が沈んだ時「以外」のConcordからのお手紙が届く。

Localで何か言ってくるかと思ったが、特に何もなし。
次なる獲物を求めて我々JPN艦隊は索敵を続行した。
と、とあるAstroidで始めての危険宙域にワクワク気分で観光旅行に
出てきたとおぼしきImicus級フリゲートが眼前に。
有無をいわさずMWD全開、1200m/secで大人気ない攻撃を開始。

「Pease」と相手のNoobが打ち込んで、何か無抵抗をこちらの艦隊に
伝えようとしていたが、それに気が付いた時は既に撃沈していた。

その後、何度かAsteroidを索敵するも獲物は見つからず、また時間
も時間なので本日は作戦終了とあいなった。
Kazamidori艦長の先導とOkome艦長の支援に感謝する。

「旗揚げ戦、まずは上々ですな」
「最低限、つっかかって生きて帰ってこれれば上出来、と考えてた
 からな、弱い相手とはいえ2隻撃沈の戦火を上げられるとはまず
 思ってはおらなんだ。まぁ今回は3隻で、実はかなり余裕の戦闘
 という事もあったし、これを前例とせず、勝って兜の緒を締めて
 行かなければ我々は前に進めないのだ。
 慢心せず、戦術戦略レベルでの研鑽をこれからやっていこう」
「まずは社内での戦術やSkillの研鑽が課題でありやすしな、明日
 とかそういうスパンでなくて数ヶ月とかかけて行きやしょうや」

「Kazamidori艦長が言ってたが、BattleShipを相手に立ちまわり
 撃沈、というのがまずは最初の大きな目標だな。。」

もう後戻りをする気は無い。
地獄の航海へ我々は出航した。


本日の戦果メールを「魚拓」として貼り付けた↓
--------------------------------------------

2006.08.29 16:29

Victim: acouex
Alliance: NONE
Corp: Free Minmatar Science and Industry Conglomerate
Destroyed: Thorax
System: Old Man Star
Security: 0.3

Involved parties:

Name: DKSN (laid the final blow)
Security: 4.0
Alliance: NONE
Corp: Tramp Steamers
Ship: Thorax
Weapon: Medium Beam Laser I

Name: Serpentis Infantry / Serpentis Corporation

Name: Kazamidori
Security: 0.7
Alliance: NONE
Corp: Perkone
Ship: Blackbird
Weapon: Initiated Multispectral ECM I

Name: okome
Security: 2.4
Alliance: NONE
Corp: Ministry of War
Ship: Punisher
Weapon: Gatling Pulse Laser I


Destroyed items:

Cap Recharger I
800mm Reinforced Crystalline Carbonide Plates I
Medium Armor Repairer I
Medium Capacitor Battery II
Patterned Stasis Web I
Heavy Electron Blaster I
Heavy Electron Blaster I
Heavy Electron Blaster I
Hammerhead I (Cargo)
Medium Capacitor Battery I (Cargo)
1MN Afterburner I (Cargo)
Small Proton Smartbomb I (Cargo)
Small Armor Repairer I (Cargo)
Antimatter Charge M, Qty: 79
Antimatter Charge M, Qty: 78

--------------------------------------------

2006.08.29 16:35

Victim: Baken Miner
Alliance: NONE
Corp: Center for Advanced Studies
Destroyed: Imicus
System: Old Man Star
Security: 0.3

Involved parties:

Name: Kazamidori
Security: 0.4
Alliance: NONE
Corp: Perkone
Ship: Blackbird
Weapon: Initiated Multispectral ECM I

Name: DKSN (laid the final blow)
Security: 3.6
Alliance: NONE
Corp: Tramp Steamers
Ship: Thorax
Weapon: Acolyte I

Name: okome
Security: 2.1
Alliance: NONE
Corp: Ministry of War
Ship: Punisher
Weapon: Small 'Knave' I Energy Drain


Destroyed items:

Expanded Cargohold I
Civilian Shield Booster I
Civilian Shield Booster I

--------------------------------------------

第一歩

「皆、聞いてほしい事がある。Vallen、ラーメンを置きなさい、重要な話だ」
「提督、かしこまってどうしやした」

「先日ようやく、焼きそばパン2隻目が就航した事で、私は宇宙での生活に
 はひとつの区切りを付ける事にした。かねてより最終目標である「傭兵」へ
 の道を歩み始める時期だと思うのだ。現在、その力は全くと言って良い程に
 皆無、またPvPの経験も殆ど無い。
 ほぼゼロからのスタート故、いつになれば実のある行動が起こせるかは私も
 判らない。がしかし、だ、JPNがPKに辛酸を舐めさせられる事に対して、
 せめて一太刀浴びせる勢力という物が絶対に必要なのである。
 TRAMがその人柱となりて、例えPKの連中からWARを宣言されようともだ、
 被撃沈や敗北に屈する事無くひたすら立ち向かう姿勢を見せたいと思う」

「Vallenは難しい事と戦いはよう解らぬえぬえ」
「案ずるな、明日からすぐ死んで来いと言ってる訳じゃぁないんだ。
 TRAMは、いや私、DKSNはと言った方が良いだろう。今後はTRAMという
 組織の為に個を捨てる覚悟である。もはや無駄遣い等を酔狂で行ってる
 余裕も無い。個人資産で夢を追う事から組織の繁栄という方向に自分の
 夢をスイッチしようと決めた」

「まーあまり最初から鼻息荒くしても仕方あるめぇって奴ですが、その傭兵って
 やつ、気長にやっていきましょうや。船ぶっ壊す頻度は上がるでしょうが、意義
 があるならあっしは何も文句は言いやせんぜ」
「提督、私はどうしましょう」
「Laborynは今のままで全く問題ない、Vallenも後方支援担当でかまわんさ。
 まぁしかし、二人の技能を持ってすればCovertOpsでの偵察任務を行う事
 もできる、その時は腹を据えて戦ってほしい」

まだまだTRAMには必要なものがありすぎ、持つべきなものが無さ過ぎる。
一番の問題は旗揚げした私本人に英語能力が無いというところである。
海外Corpと交渉を出来る外交官が幾らか欲しい所。。
あとは社員にPvPのイロハを教練してくれる教官であろうか。。

金策に関してはTRAM採掘艦隊とDKSNのMissionLPでどんどん還元して
行く予定である。
まだ何もしてないけど、何かが始まるってだけで私はわくわくしている。
JPNの凶悪なハードポイントとして活動できる日を待ち望む。
DNやCarrierを展開し敵を空間ごと消し去る日をモチベーションにしよう。


扉は開かれた
製造開始

焼きそばパン(AngelのFactionBattleShip:Macharielの事です)を
製造する為にMiningに明け暮れていたDKSN、あとはTritanim7Mil、
Pyerite2Milで材料集め完了、という所まで漕ぎ着けた。
そこに思いがけず2名のPlayerの方から強力な支援が。

FinlandからLoginしてくるAsaruさんから10Mil
国は解らないけど、うちのEVE漫画最高だからお金どうぞ頑張れオマエ
と25MilくれたFuujinさん。
この二人には感謝してもしきれません。本当に有難う。
お陰で無事にMacharielの生産は開始されました。

Rolloutは4時間後、果報は寝て待ちます。


海外の人でうち(TRAM)に入りたいって人、たまに居るのだけど
やはり時間帯が逢わないとIngameで殆ど逢えない、あえてもこちら
が明け方だったりするので、JoinをOKしづらいのが悲しいところ。
Gang組んでMissionガンガンやりたいのだろうけれど、Corpに入社
してもこちらはLoginしてないだろうからポツンとさせるのがどうも
可哀想で仕方が無い。日本語勉強したいから、って人も居るけれど
それにはEVE-Mailで解らない日本語あったら何時でも教えるぜ、と
やってたり。

素直に同じ時間帯で活動するCorp入った方がエエと思うですがね。
人数圧倒的だから、いつでも艦隊組めて良いだろうし、羨ましい。
焼きそばパン2番艦計画中間報告

MissionでImplantを売ったり他の艦長のMission手伝ったりLv4の
ゴツイのを幾つか終わらせたりTRAM金庫が250Milに。
私は前々からMilitary-Connectionって特殊Skillを
学んでおり、SkillLV毎に特定AgentからのLPが5%づつ増えてるいた。
InternalSecurityも該当するのでAmarr内務省のそのAgentから
ガンガン仕事を貰ってLPを高速で貯めていた。

そんな先日、AgentOfferにて、今度は別のbureaucratic connections
をくれてやるけどどうよ?というAgentOfferが来た。

「MilitaryConnectionを既に取得してるしな、私は恐らく永遠に
 InternalSecurityのAgentとしか仕事をしないから、副長、コレ
 Escrowに放り込んでおいてくれ」
「提督、中身ちょっとでも見てから出品しやしょうぜ」
「いやどうせ面倒な運搬AgentのLPが増えるだけ、、あ、、やばい
 これやばい。これもInternalSecurityに5%じゃないか。副長、
 なにEscrowに出そうとしとるのだ、ここに置きなさい」
「・・・」

CorporationManagementLv3が必要って事でJMSの名残、既にLv2まで
学んでいた私は4時間かけてLv3にして、このSkillをTrain開始。
1日でLv4まで上げ、私の希望的観測が正しければ今後はMilitary
ConnectionLv4、それにConnectionLv4と合計し、InternalSecurity
のAgentから貰えるLPは合計で56%Upになっているはずである。

「まぁそんなうまい話は宇宙広しといえど転がってるとは、あっし
 は思いませんがね、、Agent、なんて言っておりやした?」
「ワハハ、この作戦指令書を見るのだ副長」

副長に見せた作戦指令書、Vengeanceの指令書。
貰えるLPは5000を軽く突破してくれた。副長お茶噴く。
「提督ってこういうトコで運が良いお人ですな、、ゴツイMission
 3回で+3ImplantOfferがきちまうなんて、アホですな」
「これで採掘と合わせてTRAMの財政は磐石だと思わぬか」
「かといって無駄遣い出来る上限が増えたワケじゃぁありやせんぜ」

幸運なのは、このSkill2種共、AgentOfferで引き当てた事だ。
15000LPと10MilでAgentは交換してくれる。
さらに先日、MilitaryConnectionのOfferがまた来たので消えない内
に急いで10Milと15000LPにて交換。市場での相場は60~70Mil。
JPN-ChにてJpn特別価格の55Mil売れなかったらEscrowという手はずである。

「まぁ、そういう訳でだな、Vallen、ちょっと良いか?」
「もあ?」
「ゴチ」
Vallenを拳骨で眠らせ、前回腕に書いておいた「アポカリプス」綺麗に
消し彼女のMageddonをMarketにて61Milで売り払う。これで資金310Mil。

Apocも売ろうと思ったが今はちょっと停止。Military-Connectionが
売れて、Apocを売ればEscrowに出ているMacharielのBPC価格450Milに
軽く到達する。
「提督恐ろしい気合ですな。その馬鹿みたいな金策能力、もっとどっか
 他の事に使えやしやせんかい」
「むり。普段の私は資金のROFが速いからな、何もしてないからこそ、
 ChargeRateが速いだけなのだ。これは江戸っ子気質なので諦めろ」

うまく行けば週末には焼きそばパン2番艦艇就航予定、待て次号。


追記

Escrowにて440MilにてMacharielBPCを無事購入。

OurslaertSystemまで往復28Jump、この為にInty-Melediction購入。
Lock状態のSecure-Canを腹に詰めて突撃開始。
InterCepterにMWDとNanoを搭載し3600m/secでぶっ飛ばし心臓が
どきどき言いながらも無事にPenirgmanに輸送完了。
必要Mineralはまだまだ足りないがしかし、うまくいけば数日以内
に完成するかもしれない。


*2006/09/01 加筆修正分
NormalのConnectionSkillは上昇するStandingに対して効果を与えるだけで
LPに関する補正は私の勘違いであった。この勘違いを含めてLP補正結果の
数値事態には、奇しくも間違いは無い。
ただしLP増加が数値のどれが影響し、その範囲がどこまで及んでいるかは
確実な線が現在、見えない。
これに関しては後々までに調査して比較を行う義務が私に発生した。
LPの初期値自体をデータで発表している場があるかどうかは不明であるが
この辺、生計を立てる上では重要なデータになりうるので探してみよう。

とりあえずSpecial-Connectionは学んでおけ、という事で。

プロフィール
HN:
DKSN
性別:
男性
自己紹介:
現在個人Corpで隠居中
最新記事
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp