忍者ブログ
    宇宙での 生活その他を 適当に
1. 2. 3. 4.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仕方ない、と私は真面目に掘りを再開。とりあえず、3万円貯めてTormenter級
採掘フリゲートを購入。トルメンタ級は採掘レーザーを2門装備できつつ、また
ペイロードもかなりの余裕があり採掘の売上を順調に伸ばせるニダ。
その間にインダストリアル級コンテナ輸送船の操船技術を学ぼう、と店に駆ける。
オイ親父、、、いや何でもない。インダストリアル級の操船教練書の値段300kIsk
を見てまた帰宅して家で悶々。

ついでに言えばこのSkillを覚えるにはまず自分の持ってるSpaceshipCommandの
Skillを3まで上げて置けバカヤロウとさっきの教練書の表紙のオビにでかく
書いてあった。という訳で11時間のSkill勉強開始、しつつ貯金。

ショップ付近をブラブラとぶらついていると、他人の声を小耳にはさむ。
「インダストリアルシップの値段が大暴落してるから買いらしい」

ショップの親父の胸倉と股座を掴みながら問い詰めるオイ親父コンテナ船の相場
を相場リサーチマシンでTush-Murkon-Legion銀河系全体で調べて3秒以内に俺に
教えろと4秒で命令すると恍惚とした表情でカタカタとパソコンでリサーチ開始。

「オイ船長、今コンテナ船はTash-Murkon-Prime-Systemが一番安いぞ今買うと
 40万5千Iskで物凄い位にギャラクシードリームが今、貴方の手にだぞ早く
 買え金を出してココに置け」

親父の胸倉と股座を掴んで人脂でべたべたになった両手を他人の宇宙船で拭き
ながら40万と5千Iskをいかに速攻で貯蓄するか考える。
結局掘りしかない訳だが。鉱石採掘野郎、それもヘタレの中では一番金になると
騒がれているPyroxeresなるAsteroidは最低のブルジョアコンテナ船によって既に
寝落ち掘りの餌食にされているぞ畜生この帝国的資本主義者め私もコンテナ船に
乗った暁には同じ様に横取りで資産は社員に配当だそれがアマールにおける私の
プラウダだ。さてそいつらのオコボレを頂戴していたら10万年もかかっても
コンテナ船なんか購入出来そうも無いので少ししょぼいがスコルダイトという
ロッテ2軍なアステロイド採掘を開始。こいつを3回ほどペイロード一杯まで
掘るとアラ不思議、5万Iskが貯まるので良い感じだ。

しかも恐ろしく微妙な存在のアステロイドなので誰も掘らない。
つまり独り占めである。

この3回ワンセットの採掘を8回、つまり24回の往復作業と採掘作業を自己
啓発し嗚咽しながら毛沢東万歳と叫ぶまで繰り返してようやく目標の金額に到達。ショップの通販オーダーコーナーでコンテナ船購入。Tash-Murkon-PrimeのHunger
にオマエの船は置かれたから自分で取りに来いと連絡を受ける。

通販のクセに自分で商品を取りに行くとはさすが西暦290世紀の超未来世界だ。
すぐ取りに行ってもSkillは無いんでほったらかしにして今度は教練書を買う金策に。勝手に溶鉱炉にドボンされる事も無いんで安心だ。
また3回ワンセットの採掘を6回、つまり18回の往復作業と採掘作業を自己啓発
し嗚咽しながらポルポト万歳と叫ぶまで繰り返してようやく目標の金額に到達。
30万Iskもする教練書の割りにはショップの親父が棚から本を取ってカウンター
に乱暴に置きやがった、なめとんのか、今度重力爆雷で吹き飛ばす。

IndustrialShipSkillレベル1を覚えるだけなんで30分で終了だ、が、まだSpaceShipCommandのSkillLevel3
が終わってない。採掘しつつ余ったお金でコンテナ船に搭載する装備品を買い漁る。
とにかくコンテナ船は脚が遅い。特に増設ペイロードパーツを限界まで搭載すると
私の寝返りより遅い秒速90mまで速度が落ちるので問題だ。かなり以前に覚えて
いたAfterBurnerSkillがあるのでショップでAfterBurnerパーツを4個購入。

1個で最大速度が少しの間だけ+25%だ。
4つで100%。その他無駄な衝動買いを実生活に近い勢いで行っていたらSkill
習得終了。Tormentor級ウンコ船で所定のステーションにすっ飛んでまちこがれた
コンテナ船とやっとご対面。おおデカイ、デカ過ぎる。
こいつに持ってきたパーツをえいやえいやと搭載。ペイロードは脅威の7500、
開始時のボロ船のペイロードが120と考えるとこれはもうアメリカ対イラクだ。
前述した通り、とにかく脚が遅いので30分かかって故郷のステーションに帰宅。

やっと私は、
私の私による私の為の宇宙計画を推し進めるスタート地点に立ったのだった。
PR
さてさて、採掘作業を延々と繰り返しましたる私、自称スタイリッシュに空母
機動部隊を操る将来の銀河英雄(ひでお)ことDKSNですよろしく。
スタートダッシュの頑張りで、アステロイドにて採掘、ステーションで精製の
後に売却を延々と繰り返し、とりあえず30万Iskを貯蓄できた。
ショップで船を物色しているとInquisitor級つうTormentor級がひっくり返った
ような形をしたデカイ船が売っている。

「オイ店主、こいつは一体どんな船だ」
「オイ船長、こいつはハードポイント3個のミサイル装備可で強力で大型で最高
 だ、80人乗りだから買ったその日から船長じゃなくて提督になれるぞ買え畜生」
 なら買うしかないじゃないかオイ店主1隻買うぞ代金はココだ。

ドックにて部品その他をまとめてアッセンブル、いびつなクロワッサンぽい船体
がボーンと出てきた。
さて、ではこいつに掘削レーザーターレットを予定通り三基・・・?あれ?
載せられませんが何か。Infoアイコンをクリックし、この船の事を調べつつ、
手元にあった全然役に立たない上に完全に英語版なEVEガイドにてこの船について
調べる、と・・。

「この船はミサイルボートだからミサイルだけなら3個載せられます。
 他のカテゴリの砲塔だと1個だけ、残り2個はミサイルですが何か」

ミサイルのスキルありませんが何かと叫びつつ、採掘レーザーが1基しか搭載
出来ないこの超絶デクノボウを29万Iskで購入してしまった私はしょうがない
のでミサイルの運用教則本を超時空ブックオフにてファックオフな値段で購入。
スキルを習得したのでミサイル搭載で並み居る宇宙海賊を焼死体で炭化だで粉砕
だコノヤロウと勇んだ物の、今度はコンピュータに叱られる。

「オマエミサイルポッドのスキルしかもってないじゃん」

どういうこと?と思ったら、ミサイルポッドに搭載するミサイルの運用スキル
って物が必要だったらしい。それも用途の数だけスキル分かれてました野郎畜生。まぁステーションの壁を拳で凹ませるヒマは無いのでこれも本屋で教則本購入。
とりあえず、誘導ミサイルの運用本をガバガバに穴が開く程にこれでもかと高価
な教則本を眼で犯すが如く熟読して誘導ミサイルの妙境に達した訳だ。
カウンターにヒジをかけちょっとカニ星雲の方に視線を泳がせながらショップの
親父に商談を持ち込む。

「オイ店主、この私に誘導ミサイルを一つ、いや100発撃って、、
 いや売ってくれ」

「オイ船長、AMARR帝国は通常サイズのミサイルは撃ってないぞコラ」
「オイ店主、じゃぁ何が売ってるんだコラ」
「超大型弾道弾と凶悪な宇宙魚雷だけだコラ」

AMARR帝国は一体何を考えているのか知らないが、とりあえずさっきまで真面目
に読んで身に付けた誘導ミサイルの知識はこの瞬間に全て意味が無くなったぞ。
オイ店主じゃぁアレだここは一つ宇宙の海はウリの海という位だから宇宙魚雷
教則本を一冊売ってくれと云う前に、値札に書いてある40万Iskという金額が
目に入った。私はそのまま180度回頭して帰宅(無言)。コクピットでブツ

ブツ言いながらも先日、対宇宙海賊討伐専用に購入したFG、Punisherー級で宇宙
海賊をチリにしつつ戦利品を奪う。私も海賊みたいなもんだな。ステーションに
戻ってこの戦利品を全て分解し、元の鉱物資源にする作業をいつも行うんだが、
何をトチ狂ったのか、私は私の所持する艦船で一番高価なフリゲートを溶鉱炉
に叩き込んでしまった。ターミーネーターの様に威風堂々と溶けて行く姿を何も
出来ず血の涙を流しながら傍観。溶けて出来た鉱物資源を換金し帰宅。

スタイリッシュな宇宙空母計画はいつになるのだろう。
プロフィール
HN:
DKSN
性別:
男性
自己紹介:
現在個人Corpで隠居中
最新記事
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp